家具の塗装なおし

ダイニングチェアやソファの張替えの際にテーブルの塗装直しのご依頼をいただくこともございます。長年使用していると細かい傷がついたり、天板の塗装面が剥がれてしまったり、色褪せたりします。テーブルの場合、天板の塗装を直すことで新品同様に蘇ります。作業は天板の塗装を削ってはがしてから再度塗装をします。天板の種類によっては出来ないこともございますのでご注意ください。
テーブル以外にも塗装直しのご依頼を受けておりますので、Before&Afterをご紹介していきます。

~ダイニングテーブル~

Before


Before


After



<コメント>


ダイニングテーブルの天板の塗装直しです。塗装の膜が剝がれてしまい、所々色がはがれていました。十数年以上前にご購入したとのことですが、当時と現在では塗装の材質が違うようです。現在はより強度の強い塗装(塗膜)で、仕上げていきますので、より長くお使いいただけます。

Before


Before


After



<コメント>


アンティークなエクステンションテーブルの天板の塗装直しです。全体的に塗装が剥がれていました。輪染みの跡も多数あり、熱により塗装面が焦げたような跡も見られました。アンティークな雰囲気をそのままに仕上げました。

Before


After



<コメント>


ダイニングテーブルと椅子の張替えのご依頼です。テーブルの天板のみ薄いグリーンの塗装仕上げになっていました。今回、椅子の張替えと同時にテーブルの塗装直しで色を合わせることにしました。

~コンソールテーブル、花台~

Before



After



<コメント>


コンソールテーブルと花台の塗装直し及びフレームの修理です。持ち込まれた時はフレームが外れたり棚板が割れていました。フレームをしっかりと固定して塗装をし直すことで、更に末永くご使用でき、年季の入ったアンティーク家具になる事間違いなしです。

~テーブルや椅子の脚~

Before


After



<コメント>


テーブルと椅子の脚の傷補修です。飼っていたペットが嚙みついてついた傷のようです。傷はパテで穴を埋めて、他の部分と色が合うように塗装をしました。色合わせが大変な作業です。

~デスク天板・棚~

Before


Before


After



<コメント>


木製デスクの天板と棚の塗装直しです。いつの時代のデスクかわかりませんが、
非常に重厚感があります。奇麗になった天板には光沢が戻り威厳を放ってます。

Before


After



<コメント>


飾り棚の塗装直しです。Beforeは全体的に色があせたような状態でした。Afterでは色むらが無くなり光沢がでて、蘇りました。お父様の形見の飾り棚とのことで、大切に受け継がれていくと思います。

~人物像~

Before


After



<コメント>


人物像の塗装直しです。非常に稀なご依頼でした。「Before」鼻の一部が剥がれ落ち、目にはカビが生えていました。「After」濃淡をつけた塗装で、ブロンズ像のような仕上がりになりました。職人技です。


シノハラ製作所の張替え・修理について詳しくはこちらをご覧ください。


シノハラ製作所では、愛着のある家具を熟練した家具職人が心を込めて修復いたします。勿論、シノハラ製作所以外の製品でも修復いたしますので、お気軽にご連絡ください。

修理のご依頼・お問合せはこちら


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

SDGsの家具 つくる責任 つかう責任

ダイニングセットの塗装修理

ソファや椅子の下張りの修理

椅子やテーブルの高さ調整

ソファベッドの納品事例 「エブリ」「フォルテ」「ナッツ」「エール」

カウチソファの修理

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ