60年前のソファの修理と張替え

およそ60年前の非常に古いアーム付きソファの張替えのご依頼です。表面材の生地は汚れていて、擦り切れたり、破れたりしていました。特に背裏部分は生地が朽ちて、中から藁が飛び出していました。内部構造に使われている材料を見ると、非常に歴史を感じるソファです。木フレーム以外はすべて新しい材料で復元していきます。職人の腕の見せ所です。



【修理内容】
・張替え
・ウレタン交換
・下張り、クッション材(バネ)交換



座面の底面には鉄板がつけられていました。どこが重厚感があります。しかし、通常底には底布がつけられています。この鉄板がつけられていた理由が後に判明いたします。


~解体~


表面の生地を剥がしていきます。藁や綿の古さが感じられます。



底の鉄板をはずすとバネが飛び出してきました。バネとバネを結んでいる糸が切れたり、本来あるべき底のベルトも朽ちていました。バネが飛び出さないように、下から鉄板で押さえつけていたようです。



全て取り除いてフレームのみとなりました。木肘は塗装がはがれ、色がぬけていたので、再度着色していきます。


~下張り~


背中には新しくシートを張っていきます。座面にはポケットコイルを敷き詰めていきます。



更にウレタンを張っていきます。
程よく固いチップウレタンを1層目に、その上に柔らかいウレタンを2層目に張っていきます。



下張りが完成しました。


~上張り~



新しい生地を張っていきます。木肘にグリーンの生地はよく合いますね。定番です。



背中は鋲で仕上げました。



底布を張って完成です。


BEFORE



AFTER



シノハラ製作所の張替・修理について詳しくはこちら をご覧ください。


お問い合せはこちらから、お気軽にご連絡ください。


シノハラ製作所では、愛着のある家具を熟練した家具修理職人が心を込めて修復いたします。勿論、シノハラ製作所以外の製品でも修復いたしますので、お気軽にご連絡ください。


修理のご依頼・お問い合せはこちら


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

ダイニングセットの塗装修理

自家焙煎珈琲工房のチェアの張替え

大型ソファの上手な修理依頼方法

木枠ソファ(置きクッション式ソファ)の張替え

一般的なソファの張替え&修理

カット椅子の張替え&修理

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ