会社案内

COMPANY

会社案内

素材にこだわる。ライフスタイルにこだわる。
それがSHINOHARA STYLEです。

SHINOHARA STYLE.1

ソファベッドの生みの親。
実は”made in SHINOHARA”です。

これは、実に古い話です。大正12年(1923年)、当時、福岡県の門司市(現在の北九州市門司区)で机や椅子といった木製家具を造っていた篠原慶介(シノハラ製作所創業者)が、ある人から相談を受けます。「うちで使うソファを、簡易宿泊が出来るようなベッド機能付きにできたらいいなあ」と。慶介は悩みました。「これはソファなのか。それともベッドなのか。」そして試行錯誤の末に、日本初のソファベッドが誕生しました。

SHINOHARA STYLE.2

よりスタイリッシュに、より機能的に。
進化するソファベッド。

限られた空間をより有効に活用することが出来るソファベッド。昔は、ただ単純に「ソファで、ついでに眠れる」という発想でした。
しかし現在ではインテリアの一部として、またより快適な睡眠を得るためのアイテムとして、ライフスタイルに応じた様々な機能や美しさが求められています。
また、シックハウス対策等の環境面での取組みなど、求められる課題はますます多くなっています。
シノハラ製作所では、ホルムアルデヒドの放出を抑える「F✩✩✩✩(エフ・フォースター)」クラスのソファベッドやマイナスイオンを発生させる商品の開発等に積極的に取り組んでいます。

SHINOHARA STYLE.3

機能美と自然素材の融合。
それが、ソファベッドの美しさ。

ソファベッドを造る難しさ。それは「ソファの枠組みの中にベッドという機能をプラスすること」です。
ソファ、あるいはベッドという単体の機能だけなら<可動>という機能性は必要ありません。この二つの機能が一体化することこそソファベッドの面白さであり、また、難しさでもあるのです。
そのためにシノハラ製作所では<木と金具の融合>を徹底しています。ソファベッドメーカーの元祖にふさわしく、自然のものと人工物をバランスよく組み合わせる技が、シノハラ製作所の職人技なのです。

SHINOHARA STYLE.4

すべては、
このソファベッドを愛して下さるお客様のために。

シノハラ製作所の長い歴史の中で、創業当時から一貫して変わらない想いがあります。それは、私達が造るソファベッドがお客様にとっての「癒し」であり、「思い出の品」でありたい、ということです。そのために一つ一つの製品を、丹誠込めて造っています。
ソファベッドを実際に使っていただくお客様が、どうすれば安心してくつろげるのか?
どうすれば愛着をもっていただけるのか?
工場では、毎日、各工程の職人たちがミーティングを行い、お客様に喜んでいただける製品づくりを目指しています。
それこそが、私達の「スタイル=哲学」であり、’SHINOHARA STYLE’なのです。

会社概要

社名 株式会社シノハラ製作所
所在地 〒800-0003 福岡県北九州市門司区片上町3-33
TEL 093-381-4135
FAX 093-381-0015
URL http://www.shinohara-ss.co.jp/
代表者 篠原 元樹
創立 1923年7月1日
設立 1949年12月24日